Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
「出張囲碁レッスン」 ホームページ公開
2015/12/27

http://www.moth-ps.com/gofriendship/

・初心者に囲碁を教える家庭教師
・初段を目指す方への指導講習

「ネットショップの外部委託」   運営代行
2013/09/05

ネットショップ|運営代行| 委託の方式 
○部分委託から始める

ネットショップを運営されている所には、多くのWEB上の問題を自社だけで
解決しなければなりません。
月商1000万円を超えるWEB運営の現場は、小型のWEB制作会社の趣があります。
その現場には、梱包された商品と、贈答用の可愛らしいパッケージや、リボンが多種並べられています。
規模が拡大すると、在庫用の倉庫に商品が並び、さながら生産工場の倉庫のような観があります。
ネットショップも徐々に成長し、普通の企業並みの会社も出現しています。
それだけ、ECショップの成長力が高いのでしょう。

さて、企業化の前段階では、運営効率と管理がまだ軌道に乗っていず、手探りの状態で、日常業務(ページ制作、受注後の発送業務)等に忙殺されています。
仕事の増加による業務の増加が、次なる発展の阻害要因にもなるのです。

この段階になりますと、自社運営と、アウトソーシングの選択の時期にさしかかります。
商品の成長性が高いなら、自社運営を中心にする方がよいでしょう。
ただ社内体制上で人材が見当たらない時は、一時的対応策として、運営を外部に委託する方法もあります。

 

ネットショップコラム 「新規開店の規模」
2013/08/01

ネットショップコラム
「長所進展法」
●新規開設時の対処法

すでに成功を収めているネットショップの場合には、保守点検が重要になります。
これから新しい商品で、ネットショップを開設しようとする場合には、
「長所伸展法」強みを伸ばす事が必要でしょう。

自店の強みは何か、その強みをどのように伸ばしていくのか、
そしてそれ以上に「売上規模」(身の丈に合う)はどの程度で満足するのか。
を上げるのが、「超過剰競争」を迎えつつある「ネット市場」向けの対処法になるでしょう。

新しい商品が市場に受け入れられるのは、極僅かです。
3〜5%と言われます。
それにもかかわらず、新規商品が次々に登場してきます。
それは、旧来の商品が徐々に時代の淘汰にさらされ、新たな分野への挑戦が必要なためにそのような展開になっているのです。

ネットショップにおいても中々、黒字化できないのも、普通の事業と変わりません。

ネットショップでの隙間もあります。
月商300万円位で、満足する方法です。
この規模ですと、かなりの成功確率が高いと言えるでしょう。

その隙間分野で活躍するのが、資金力もない時には、向いています。
大きな成功を目指すには、競合ライバルに勝利しなければなりません。
これは消耗戦に殆どなってしまいます。

小さな成功を望む人には、市場は微笑みかけますが、
大きな成功を望む人には、市場は仁王のように立ちはだかります。

新規開店は、「ニッチマーケット」が向いているでしょう。
そのような理由から「ロングテール」が勧められているのでしょう。


「ネットショップ進出はお早めに・・・」 (実店舗ECショップ融合展開)
2013/07/03

「連携型ショップ運営」   経営法 
○実店舗とネット環境の融合

最近は、実店舗の売り上げの低下をネットで補うお店も増えているようです。
ネットでの売り上げの端的なものが、楽天ショップへの進出です。
その他にも、各種の独自ショップモールもあり、選択肢が増えています。

ネットショップ運営はスキルが必要なので、簡単には採算性は向上しません。
運営者に経験豊富な方や、ネットスキルの基礎を習得した人の選任が必要です。

ネットスキルが余り上手くない店舗でも、意外なシナジー効果が高まっています。
それは、何らかの事由でアクセス数の多いサイトを見て、実店舗へと来店される人が
多くなっているのです。
はじめての新規客になる人の割合は、通行人程には来店されませんが、
徐々にネット利用者の来店は増えています。

多くの方が訪問して頂きやすい、親しみあるホームページ作りをしてみましょう。

「HP新設&ECサイト改善企画の会」 g+コミュニティとリンクしました。
2013/06/20


◆「g+内コミュニティ」とリンクしました。
・SNSとの連携企画中

「アクセス数と人気」  ホームページ活用法
2013/06/04

ホームページ活用術 「アクセス数と魅力」
○コンテンツの統一

ホームページをインターネット上で公開されますと、一定のアクセス数があります。
ブログ等でアクセス・カウントをしますと、1日5〜10件程度のようなものもあります。
更新当日のアクセスが多くなり、徐々に下降線を辿ります。

ホームページの機能は、新聞と似た性質を持っています。
個人のコミュニケーション発信手段と言えるでしょう。
大手の新聞社のように数百万部の発行部数のマスコミと比較し、読者数が圧倒的に少ないのが各ブログページの特色です。

タレントのブログも人気と比例し、アクセス数が多くなり、人気のある人のブログには、一日1万件のアクセス数を越えるものも珍しくありません。

アクセス数が増える事は、そのホームページの魅力のあるなしを図るバロメーターになります。

魅力は知名度とも深く関わってきます。
知名度を高めていくのもアクセス数を向上させる基本的要因です。

もう一方の道は、コンテンツにあります。
つまりテーマが時流に合う、ニーズに合致しますと、自然とアクセス数も増えていきます。
テーマと記事の内容この二つが上手くかみ合って、人気が維持されていきます。

コメントはWEBマーケティング担当


[ECショップ運営代行」ページ更新しました。
2013/05/28

「ネットショップ運営」と運営代行

自社内に適切な運営者がいない場合、外部委託する方法があります。「ECショップ運営代行」で検索され
そのような専門業者に委託しますと、
ネットショップの売り上げが改善していきます。

ある程度経営的に目途が立たれたなら、
自社内で雇用し、運営者を育成すればいいでしょう。

新人の育成も、運営代行業者が担当してくれる場合もあります。

ネットショップ部門を自立させる方法の一つです。

ネットショップ運営 「売れるには理由がある」
2013/05/09

・「ビジネスの原因を作る」
○何を売るのか選定する

ネット上で活躍される販売上のプロの方たちは、どのような視点を持っているのでしょうか?
第一には、「この商品は売れるのだろうか?」と考えます。
売れるのが確信できる商品を、サイト上で公開します。
そして実際の場面で売れ始め、売り方を改善していくのです。

アフィリエーターや、人気ブロガーで、「販売に多大な貢献」する人には共通する性質があります。
それは売れる商品を、「見極める力」に優れていることです。
売れる商品が売れるのは、当たり前ではないかと考えがちですが、実際にネット販売しますと、販売担当の運営者によって、売れ行きに大差が生じます。
同じ営業職でも、トップセールスパースンや、売り方の下手なセールスパースンがいるようなものです。

ネットでの、運営能力によって「売上高」は変わるのです。
売り方の上手な人から技術を学びましょう。
それが大切な「時間と労力を省く」方法なのです。

ネットショップ運営相談 「商品の強みを伸ばす」
2013/04/24


・強みのある商材(サービス)で特化している。
○長所を伸ばす

良く売れる人気商品、収益柱商品を強みのある商材と言えるでしょう。
競争優位性が働いている場合と、稀少性、自社ブランド等が対象となります。

売れてから、人気商品へと定着するには、それぞれ理由があります。
新規開発に取り組む前に、この商品を強化される方がビジネスの王道にかなっているでしょう。
傍目には、楽な経営をしていると言われるかもしれませんが、
「天の配剤」と有難く受け止め、その虎の子をしっかりと育てていきましょう。
そうすることが、ビジネスの目的「強豪企業」へと成長できる道になりますから。

完全な商品はあるのかないかと議論されますが、商売をする人は、自社の強みのある商品を、安定的に伸ばすことだけに集中するのが良いのです。

弱い芽や葉はやがて市場の風雪に負けて、樹木から離れ落ちるように、枯れていきます。
他の新規商品が中々育たない事に苛立たず、冷静に新規商品開発にコツコツと取り組めばいいのです。

強豪商品は、開発商品の20件に1件程度育っていくでしょう。

表示順位が大幅に下がった 「SEO相談」
2013/04/11

「SEO相談」 以前は上位表示されていましたが・・・

弊社に相談される方のなかで、「以前は上位表示だったが、今は20位外になっている」
という相談は良く持ち込まれます。

原因は2種類考えられます。
・長年運営され上位表示されていたが、急にランクが落ちてしまった。
・長らくホームページの更新をしなかった。
が挙げられるでしょう。

そこで、原因が特定できるなら、どちらかの問題と仮説を立てて、対策を立てればいいでしょう。
時々見受けられるのは、コーディングに問題があるケースもあります。
キーワードの分散があり、ヒット率が低下するのです。
その他には、強豪ライバルの出現が原因になるときもあります。

まず原因を特定するために専門家に相談されることをお薦めします。

コメントはWEBコンサルティング担当

※記事は再掲載致しました。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |