Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
「動画配信メニュー追加」 
2012/03/17

■動画編集のメニューを追加、
主にホームページに、商品説明等を目的にした。
無料配信サイトYOUTUBEの動画作成と
編集メニューをトップページに追加致しました。

「特殊固形潤滑剤」<OIL-STICK> (株)タカノ
2012/03/13



今回紹介しますのは、群馬県太田市にあります。
プレス金型部品と無給油化技術の 株式会社タカノの
新製品を動画で説明させて頂きます。

 ※動画提供協力は、株式会社タカノ

「SEOオンライン」 検索結果1位達成★、 更新情報追加
2012/03/09

SEOオンライン 情報更新
★「ホームページデザイン作成姫路」 
  三主要検索エンジン1位達成。

☆「LED照明通販」検索表示順位上昇中
  楽天ショップ出店サイト 
  平成24年3月オープン、ショップサイト

楽天ショップ「制作&コンサルティング事例」
2012/03/06

こちらから「LED照明通販」お勧め商品



平成24年3月1日楽天ショップオープン!



■新規ショップ出店と制作のアドバイスから、

ネット通販のコンサルティングを実施。



■商品カテゴリー「LED照明」

省エネ家電の代表的な照明器具



■出店サイト:「楽天ショップ」



■着手から開店期間:24年1月〜2月末



■コンサルティング:24年1月〜3月末

ネット通販 オンラインセミナー 「カート機能」
2012/03/05

「カート・クレジット・ショップ機能」〈ネット販売(通販)〉オンラインセミナー
○ネットショップ機能

自社のホームページをネットショップに対応するには、
1、楽天等のネットショップモールに、出店料を払い入店する
2、ECキューブやカラミ-ショップ等のASPを導入し、HPを改良する
等が、ネット通販には必須の装置になります。
どのような方法がいいのか、専門のWEBマーケティング会社にお尋ね下さい。

ネット上で販売するには、各種の店長ノウハウが必要になります。
実店舗の運営能力と、ネットでの各種の知識が必要です。
この違う二つのスキルが、売上に繋がる方法なのです。

ショッピングモールへの出店への判断基準ですが、
モールは、ショッピング客を集める仕掛けなのです。
モールに来られたお客様を、どのように自店へと誘導し、
顧客が購買したいような商品を、揃えるかどうかが重要です。

パソコンでたとえますと、
ショップモールはハードの部分です。
運営する人がソフトにあたります。
ハードという道具がなければ、パソコンは使えませんが、
ソフトからのコマンドがなければ、ただの箱になってしまいます。

ソフトの使い方こそ、運営者の技量にかかってくるのです。

「ネットショップへの進出」  ネット通販技術
2012/02/20

■通販サイト制作  「売上規模に応じて検討」
○ 現在の操作能力を基準にする

Eコマース=ネット通販は、順調に産業規模を伸ばしています。
大手のサイトでは、中国への進出を実現しています。
将来の巨大マーケットへの布石を、着々と打っています。

さて皆様がネット通販(ネットショッピングサイト)を手がける時の基準を考えてみます。
1、大手ショッピングモール(楽天、ヤフーショッピング)へ出店する
2、ASPを利用してショップを立ち上げる(ショップメーカー、Eストアーその他)
3、自力で創設する(ホームページビルダー+ショップasp、ECキューブ等)

それぞれ、ネットショップの売上規模に応じて検討すればいいでしょう。
大まかな売上規模順は、1−2−3となります。
さてインターネット知識の多寡によって、順番は3−2−1と逆転します。

3で、運営するには、それ相応のパソコンスキルが必要になるでしょう。
そのかわり、自由なレイアウトやシステムの構築ができるので、中習者には、使い勝手もいいでしょう。

月商が100万円を超える。ネットショップの運営技術を身に付けた人なら、
楽天への出店は魅力的になります。
丁度大丸や伊勢丹等のデパートに出店するのと同じ効果があるでしょう。
但し、コストは2,3と比較して大きくなりますから、予算管理をシッカリする必要があります。
例えば、売上からみて広告関連費用の上限を10%以内に押さえるなどの財務戦略が必要になります。
運営担当者も、すでにセミプロの領域ですから、違った角度からのショップ経営企画が必要でしょう、楽天とアマゾンのオーナーは、偶然の一致なのか銀行出身者です。
相応の金融知識のプロが、運営しているサイトといえるでしょう。
財務戦略をしっかり勉強して、大規模ネット通販会社へと脱皮して下さい。

 コメントは、WEBマーケティング関連記事引用


「ホームページ制作」  (サイトの目的)  オンラインセミナー
2012/02/09

「サイト創設の目的」   ホームページ制作講座
○目的を明確にする

ホームページは会社案内です・・・
果たしてこの回答は、サイトを通じて売上を上げている方なら、どのように反応をされるでしょうか?
「ナンセンス!」「意味が分っていない」「時代遅れ」・・・等々の厳しい批判の声が聞えてきそうです。
会社案内型ホームページも、売上以外の客観的データとして公開する場合には、必要な社会的証明書と言えます。
ネットショップにおいても、始めて購入されるお客様は、そのサイトの会社概要をご覧になります。

日本人が外国旅行をする際に、パスポートが必要なそのような用途に適します。

さて私たちがホームページではなく「サイトを作る」目的は違う所にあります。
それは、売上に貢献するネット型サイバーセールスパースンを目指しているのです。
普通売上を上げるには、販売員やセールスパースンに頼むように、「サイバーセールスパースン」としてネットサイトに、その役割を担ってもらうのです。
厳密に言いますと、サイバーセールスパースンは存在しません。
実際に存在するのは、黒子である運営者がコントロールしていきます。
サイト創設の目的は、売上を上げ、最終的に企業資産を増やすことになります。

ネットサイトを作成する場合は、この点をシッカリと押さえて下さい。

   コメントは「WEBナレッジコム」企画担当

「ネットショップ運営」オンラインセミナー (購入の障害要因)
2012/02/01

「購買行動の障壁」   WEBマーケティング
○物理的障壁
○心理的障壁
○経済的障壁

カリスマと言われる。ネットショップコンサルティングを行う人々は、半数以上の人が、
心理的側面からアプローチをして成功を収めています。
ですから2番目の点が購買行動では主たる要因となります。
あとの二つは、物理的要因、つまり、購入するための時間や、買い物するお店が近くにはない等の制約を受ける要因を抱えている人たちです。
例えば、子育てで乳児を抱えていて、ショッピングの時間がない人、
このような人は、ネットを利用するユーザーになっていきます。

経済的障壁は、2種類あります。
1、手元資金がない
2、価格が不満(価値基準が明確にある人)
後者に該当する人は、経済観念のシッカリした人と言えます。

ネットショップ運営される人は、これらの基本的な購買障壁を、低くする努力をする必要があります。

   コメントはWEBコンサルティング担当

「ネットショップ運営」オンラインセミナー (aidmaの流れ)
2012/01/27

「AIDMAの流れ」        
○ 購買へと至るプロセス
アイドマは、よく知られている。消費者の心理の流れを端的に表しています。
A=Attention 注意する(気づく)
I=Interest 興味を持つ
D=Desire 欲しくなる
M=Memory 商品を覚える
A=Action 購買する

ショップサイドでできることは、気づいてもらうための工夫と、興味を持ってもらうことが、お客様へのアプローチになります。
欲しくなるは、お客様側に起こる現象ですからお店側からコントロールできません。
この部分に余り干渉しすぎますと、顧客側の感情を害し反感を持たれます。
もしこの部分に関与する場合は工夫が必要です。
つまり演出効果となります。
ケーキを美味しく見せるとか、デコレーションを可愛くするとかは相手の共感を得ることができるので、お薦めできる手法となります。

購買行動を「購買≦買ってくれた」と曖昧な捉え方をしますと、正しい顧客へのアプローチ法が分からなくなります。
物事をひとコマ毎に区分して、部分ごとに問題を解決しますと、全体に繋がる解決になっていきます。

      コメントはWEBナレッジコム担当

「SEOオンライン」 調査事例(ナレッジコム記事引用)
2012/01/21

「検索表示結果事例集」研究     SEO対策       
1、「大阪市 税理士事務所」         
2、「大阪市 北区 税理士事務所」

上記のキーワードで検索しますと、
1、大阪市 税理士事務所 YAHOO 1.910.000 件   Google 643.000件 
2、大阪市北区 税理士事務所 〃  1.300.000件     〃  291.000件
 2のケースでは、ヤフー1位はK会計事務所、2位はF会計事務所でした。
 2のケースで、グーグルで検索しますと、1位 C会計士、2位O税理士となりました。

ヤフー検索とグーグル検索では、同一表示の結果になりませんでした。
また1の検索で「税理士事務所 大阪市」と、反対に入力しても検索表示件数には顕著な変化は見られませんでした。

さて、キーワード配列などを観察しますと、上位3位以内に表示されている事務所は、
ある程度の検索上位表示に取り組んでいることが分かります。
このような状況の中で、新しく税理士事務所でホームページを作成されて、上位に表示するには、準備が必要です。
準備とは、掲載後6ヶ月程度は必要期間と認識され、上位表示されるために何をなすべきかを充分に把握することになります。
開業したけれど、顧問先を確保することに苦労される方は大勢おられます。

上位表示が顧問先獲得の、有力な方法とお考えの方は、
「SEOオンライン」電話(078)591-3545へとご相談下さい。

 ■ 平成21年10月26日 調査時点 ナレッジコム記事一部引用

※ 現時点では、YAHOO検索結果は、google検索と同一になっています。(平成24年1月20日)

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |