Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
SEOオンラインセミナー 「ブログとの連携」 第12回目
2011/12/03

第12回目:「ブログとの連動」
○テーマの一致

SEO対策は集客の手段です。
お客様が、多く来所して頂くための有効な施策です。

さて、お客様を購買行動へと導くには、それ以外の方法が必要です。
その中でも、ブログとリンクする方法があります。
新商品を使って頂いたユーザーが、自分のブログで、その商品を詳細にコメントして頂くと、顧客視点なので、信頼度が高くなってきます。
その意味でも、ブロガー(ブログを書く人)に支持される商品を、提供する必要性があります。

ブログのみで、SEO対策をするだけでは十分ではありませんが、ブログ更新は、一定のSEO評価を得る可能性もあります。
ブログの特色は、お客様のコミュニティーでの発信です。
利害関係から独立している人ほど、その感想は効果が高くなります。
自社のトップページに、ブログにリンクする方法は、今後も有力な手段になることでしょう。


「ネットショップ運営コンサルティング 神戸」  1位 到達
2011/11/29

「SEO対策」表示順位 1位到達

検索ワード:「ネットショップ運営コンサルティング 神戸」
表示件数:約520.000件
検索エンジン:YAHOO・Japan!

調査日:平成23年11月28日

第12回オンラインセミナー 「ネットショップ運営」 新人の育成
2011/11/26

「スタッフの育成」
○3年の教育期間

有能なスタッフの採用には二つの方法があります。
・ヘッドハンティングによる有能な運営者の採用
・専門学校卒の新人を育成する。
いずれの場合にも一長一短があります。

有能な人は独立する力がありますから、将来のライバルになるリスクを考慮すべきです。
一方、新人育成は、実績が無い分、上手く育つかどうかどちらとも言えません。
成功確率が半々になると考える方がいいのではないでしょうか?
最近の傾向では、「有能な運営者」を中途採用する方が、リスク以上の貢献をすると考える経営者も増えてきました。
どちらがいいかともはっきり断言できませんが、会社によって対応策は異なるでしょう。
新人の育成が、上手なコーチ役の人がいる会社なら、新卒育成がいいでしょうし、
特定の育成できるスタッフを抱えていないなら、中途採用を選ぶ方がいいでしょう。

その場合、中途採用の人では、3か月位からそれなりの実績を獲得できるでしょうが、
新人が成果を上げるようになるには、普通2〜3年間の教育期間が必要でしょう。
会社の実情に合わせ、いずれかを選択してください。

「ネットショップ運営」 (仕入れパートナー)オンラインセミナー 11回目
2011/11/23

第11回: 「パートナーシップの育成」
○仕入れルート

「利益は仕入れにあり」は商売をする人の原則です。
仕入れルートの確保が利益に直結します。
その際の仕入れ先の選定を検討すべきです。
・販売者の中抜きを平気でする
・約束事の違約を時々行う
・商品の発送が粗雑

このような業者と付き合うのは、やがてエンドユーザーから見捨てられる原因に繋がっていきます。
早々に新たな仕入れ先を開拓する方がいいでしょう。
仕入れ先はその意味でも、ビジネスパートナーになるのです。
卸してくれるメーカーが信頼できるなら、商売の3割は成功するとも言えます。

売上が上がるにつれて、類似商品へとアイテムが自然に増えていきます。
自分で開拓する方法と、卸専門商社等と取引する方法が考えられます。
地道に試行錯誤しながら、「信頼できるビジネスパートナー」の関係を築いて下さい。

「SEOオンライン 神戸」 検索表示 1位達成
2011/11/18


「検索調査結果」
検索キーワード 「SEOオンライン 神戸」
表示件数(YAHOOJapan) 38.300.000件
表示順位 1位 到達

調査月日 平成23年11月18日

ネットショップ運営 コミュニケーション術 「店長ブログ」
2011/11/14

「店長ブログ」    コミュニケーション術   
○ 胸襟を開く

ネットショップや、不動産業等では、店長ブログを良く見受けます。
目的は、販促効果と、お客様との関係性をぎすぎすしないように配慮する事にあります。
ユーザーの分析手法が様々試される中、最も重要な事が、「コミュニケーション」にあるのが分かりました。
商品のニーズと同程度に、商品のリピートでは、関係性の重要性が理解されだしたのです。
「顧客満足」は、感覚の領域に入りますので、非常に流動的になってきます。
そこで、もう少し、お客様の「購買動機」を詳細に分析すると具体的な回答が得やすくなります。
このお客様は「何を具体的に希望しているのか?」が見えてくるのです。

さて、お客様といっても、大変な広がりがあり、百人百様と言えます。
その際に注目したらいいのは、「購買行動履歴」を分析すればいいでしょう。
この行動履歴から導き出された分析結果は、無駄な販促アクションを大幅に削減してくれます。
「必要な時、必要なもの」を提供できるようになります。
その際のキーワードが今までに築かれてきた、良好な関係にあたります。
ブログには、運営者の「日常生活」を伝える事ができるのです。

「貴方が付き合いたい」ような、店長とはどのような方なのでしょうか?
そこからブログの内容を深めていくのも、良い方法になることでしょう。・・・

「WEB制作」 コンバージョン改善法 3回目
2011/11/09

「営業フック」
○サイトとの関連

ユーザーが、自分が知りたいキーワードを入力し、検索後、1ページ目にある情報から、自分が探しているようなサイトを、そのコメントを参考にしながら、クリックします。
普通は2〜3件程閲覧して、気に入ったサイトをじっくりと見ていきます。
その場で結論を出さない時は、お気に入りに入れるか、再度訪れる時に注文するかを決めます。
2回目の訪問時が注文に繋がるのが多いのは、このような動作が原因と考えられます。

さて、注文しようと思う本命サイトを、詳細に見て行くうちに、「営業フック」と呼ばれる。
問合せや、注文フォームの最後のハードルで、注文をやめるケースも出てきます。
それは、注文フォームの途中で、離脱するユーザーが多い場合に問題が明確になります。

問題がはっきりしていますので、改善すればいいわけです。
注文フォームの簡略化、問合せ、資料請求、見積もり依頼等を分類するなりして
問題を解決すればいいでしょう。

    コメントは、WEBマーケティング担当

「リスティング広告とSEO対策」 WEBオンラインセミナー
2011/11/05


○短期間で効果

・キーワード連動型広告には、効果が短期間で現れる特色があります。
ですから、「季節品」「期間限定品」等に適しています。
シーズンが1か月程度の商品は数多くあり、その中で1年の大半の売上に繋がる商品などは、リスティング広告やサーチワード広告が適しているでしょう

検索サイトに広告ページがありますので、そこから自社の商品に適したキーワードを選定して、広告を出稿すればいいでしょう。

「リスティング広告」とキーワードを検索エンジンに入力され、上位に表示される会社から、業者を選定して依頼する選択肢もあります。

例えば「海苔通販」や「相続税の相談+地域名」等でキーワードを設定して、その周辺のキーワードを数個併用して広告の出稿をしてもよいでしょう。

キーワード間の競争も有力なキーワードになるに従い、激しくなりがちです。
収益に繋がるキーワードになるに従い、SEO対策期間も長くなる傾向にあります。
コンバージョン率の高いキーワードを、複数選ばれ広告するのも効果的です。
キーワード単価も入札制ですから、費用対効果を測定しながら、予算に合った出稿をするか、目標売上高より出稿費用を検討してもよいでしょう。

短期間効果=リスティング広告
中期的効果=SEO対策
と振り分けられ、業種や競合より判断すればいいでしょう。

コメントはWEBコンサルティング担当


「SEO相談」 表示順位が大幅に低下した。・・・
2013/04/11

第13回目「SEO相談」 以前は上位表示されていましたが・・・

弊社に相談される方のなかで、「以前は上位表示だったが、今は20位外になっている」
という相談は良く持ち込まれます。

原因は2種類考えられます。
・長年運営され上位表示されていたが、急にランクが落ちてしまった。
・長らくホームページの更新をしなかった。
が挙げられるでしょう。

そこで、原因が特定できるなら、どちらかの問題と仮説を立てて、対策を立てればいいでしょう。
時々見受けられるのは、コーディングに問題があるケースもあります。
キーワードの分散があり、ヒット率が低下するのです。
その他には、強豪ライバルの出現が原因になるときもあります。

まず原因を特定するために専門家に相談されることをお薦めします。

コメントはWEBコンサルティング担当

※記事は再掲載致しました。

「ネットショップコンサルタント」紹介
20131/10/30

〈ネットショップ開業&運営支援〉

(プロフィール紹介) 南 アドバイザー

「上場企業でショップ開発・ショップ運営20年の実績
2005年独立後、小売店2店を運営・ECサイト2店運営の現役店長
ECサイトの新規オープンから月商100万円までの運営指導

 独自ドメインサイトで生き残るショップ運営」


 お問い合わせ、アドバイスご希望の方は、
 メール: info@web-narejji.com
 電話: (078)591−3545 迄お願い致します。

  神戸WEBナレッジコム 企画部

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |